スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガバナンス論第4回課題

まず私が思うのは、ユーザーの権限をより強化した方がよいと考えるのである。
 ニコニコ動画を見てみると、動画内において他者を侮辱、侵害するようなコメントというのは多々見られる。これも一つの“荒らし”であり、動画主やユーザーにとっても気持ちのいいものではない。そのために現在ニコニコ動画では「通報」というシステムがあり、ユーザーがまずいと思うようなコメント、動画があれば、それを運営に報告し、管理者権限で消去する、といったシステムがあり、そうまではいかなくても見たくないコメントがあれば、そのコメントの発信主を特定し、表示しないようにするNG設定というシステムもある。
 こういったシステムを、より強化する必要があると思うのである。通報であれば、その意思が即座に反映されるよう、削除をより迅速にしたりなど、普段見ているユーザーが取り締まれるような仕組みを作っていく必要があると思うのである。
スポンサーサイト

ガバナンス論演習 インタビュー実践

 今回、同じ班のMさんにインタビューを行った。
 Mさんは小学校3年のときに引っ越しを経験しており、今まで通っていた小学校とは別の学校に転校することになった。このとき、彼にとってこれまでの人生で一番印象深い事件が起こった。
 それは、Mさんが転校してきたことを知らせる全校集会のときの話である。Mさんは“3年1組”に編入されることになっており、それを全校生徒の前での自己紹介のときに言うことになっていた。
 しかし、このときMさんは全校生徒の前で「今日から3年2組に入ることになりました」と、全校生徒の前で言ってしまった。
 そのとき全校で大混乱が起こり、教師までもが混迷する中、なんとか訂正してその場は大笑いで済んだ。しかしその後先生に散々叱られたという。
 この件をきっかけにMさんのあだ名が「2組」に決定した。そのせいもあってか、1組よりも2組の友達の方が多かったという。その友人とは現在でも交流があるとのこと。

ガバナンス論第三回課題

私は、やはり一部の娯楽・スポーツ部門を民営化にしてしまった方がいいかと思っています。

個人的ではありますが、NHKの番組、特にアニメなどは非常に良質なものが多く、失くすのは非常に惜しいところがあります。
アニメに関しては、例えば現在でも”メジャー”など雑誌連載中の作品もあるので、その雑誌の広告収入から得ることも可能だと思いますし、そうでなくてもグッズや関連商品などのCMなりするなどして、運営資金を受信料徴収型から変えていく必要があると思います。

ただ、完全に民営化することが「わたしたちのNHK」になるというわけではないと私は考えます。
事実、民営のものである、他の民放はそういった性質を持っているわけではありません。

「わたしたちの」にするには、まずわれわれが”出資者”である必要があると考えます。しかし、受信料徴収型のままだと、どうしてもフリーライドが出てしまいます。

なので、私はテレビを購入する際、その購入価格の内に受信料を含めてしまった方がいいと考えるのです。
そうすることで、テレビを購入した時点で受信料を払うことになり、理論上フリーライドする人がいないことになります。
「ちゃんと意見反映させろと言われても、金払ってないんだから言われる筋合いはない」という言い分は通らないことにもなりますし、もしそれで足りないのであれば、先ほど言ったように一部民営化して補うなどすればいいと私は考えます。

ガバナンス論小レポートその2

今回私は山形県米沢市の「おきたまラジオNPOセンター」に注目した。

このNPO団体は、山形県南部の置賜地方を活動の中心としている。
この置賜地方は、少子高齢化が進んだため人口が減少し、各地の商店街も大型店舗の進出により衰退
するなど、非常に将来の見えない状態になっているという。
そんな置賜地方を盛り上げるために、置賜地方にある文化・産業・学問などの所謂「地域資源」を取り上げたり、また、そこに住む人々、町内会や自治会、NPOを応援することを目的として活動しているのが、この「おきたまラジオNPOセンター」である。

当初は、「特定非営利活動法人おきたまラジオコミュニティ」として、市民と共にFMラジオのコミュニティ放送を行うための研究・調査を行っていたが、コミュニティ放送では、時間や自由に発信することに制限があることが判明し、インターネットラジオに方針転換することになった。

そして現在、「おきたまWebラジオ」を運営し、地域の情報を発信するとともに、NPOに関する情報も提供し、他団体の応援も行っている。
主なラジオ内容は、地域活動家のインタビューや、学生ボランティアの紹介などである。
また、NPO中間支援活動にも力を入れており、先に挙げたNPOに関する情報の提供には、NPO法人の設立の仕方や、サポート活動も含まれている。

また、こうしたメディア関連以外にも、ホームページでの広報活動や、NPOに関する講演会なども行っている。


おきたまラジオNPOセンター
プロフィール

八神蒼真

Author:八神蒼真
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。