スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアスタディーズ演習 最終課題

 今回私が題材として選択したのは、8月9日(月)の「報道ステーション」である。
 まず、この番組が始まってすぐに取り扱った話題は「熱中症に対応する医療機関」というものだった。この時期に即した話題であり、国民が注目すべき情報を提示したとは考えられる。しかし、取材を行っていた医療機関は非常に慌しく緊迫した状況であり、あまり取材を受け入れる余裕があるようには見えなかった。加えて、急いでいる医師を質問するために足止めさせる場面もあり、病院の業務を妨げるような、無理やりな取材を行っていると思われかねない点があった。
 その次に、長野県の議員選挙で民主党が圧勝した、という内容が流れた。このとき、国民の「次期民主党総裁にふさわしいのは誰か」という意識調査の結果が表示されたのだが、管総理がたったの22%の得票率で「最も支持されている」という結論がつけられていた。その上、この調査は「わからない」と答えた人が55%という、過半数が「誰も明確に支持できるとはいえない」という結果になっている。このような調査結果から、「管総理が支持されている」という結論に持っていくというのは正直考えにくい。統計結果を都合よく解釈しているように思われかねない内容であった。

以上が、今回のニュースで私が批評すべきと考えた点である。

《番組データ》報道ステーション/朝日テレビ系/月曜~金曜 21:54~23:10/司会 古館伊知郎/出演者 市川寛子 一色清 ほか/8月9日のテーマ「熱中症に対応する医療機関」「長野市長選挙 民主圧勝」など/
スポンサーサイト
プロフィール

八神蒼真

Author:八神蒼真
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。