スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガバナンス論第三回課題

私は、やはり一部の娯楽・スポーツ部門を民営化にしてしまった方がいいかと思っています。

個人的ではありますが、NHKの番組、特にアニメなどは非常に良質なものが多く、失くすのは非常に惜しいところがあります。
アニメに関しては、例えば現在でも”メジャー”など雑誌連載中の作品もあるので、その雑誌の広告収入から得ることも可能だと思いますし、そうでなくてもグッズや関連商品などのCMなりするなどして、運営資金を受信料徴収型から変えていく必要があると思います。

ただ、完全に民営化することが「わたしたちのNHK」になるというわけではないと私は考えます。
事実、民営のものである、他の民放はそういった性質を持っているわけではありません。

「わたしたちの」にするには、まずわれわれが”出資者”である必要があると考えます。しかし、受信料徴収型のままだと、どうしてもフリーライドが出てしまいます。

なので、私はテレビを購入する際、その購入価格の内に受信料を含めてしまった方がいいと考えるのです。
そうすることで、テレビを購入した時点で受信料を払うことになり、理論上フリーライドする人がいないことになります。
「ちゃんと意見反映させろと言われても、金払ってないんだから言われる筋合いはない」という言い分は通らないことにもなりますし、もしそれで足りないのであれば、先ほど言ったように一部民営化して補うなどすればいいと私は考えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

八神蒼真

Author:八神蒼真
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。